大阪の歴史と共に。

戎大黒本舗のあゆみ

連続テレビ小説「ごちそうさん」で舞台となった時代、1927年(昭和2年)に戎大黒本舗は生まれました。

東京を超える〈日本一の都市〉として、大阪が最も繁栄した大大阪時代より、長年にわたり粟おこしを作りつづけてまいりました。

 

その創業当時から変わらない品質と味は、【家庭を起こし、国を起こす】縁起の良い菓子として、軍隊の非常食として、平安時代にルーツをもつ大阪の伝統ある菓子として、そして大阪みやげの定番として...。

 

時代をこえて粟おこしは大阪にとどまらず、全国の皆さまにご愛顧をいただけるまでになりました。

 

戎大黒本舗は、これからも大阪銘菓おこしを次代に継承し、お客様に笑顔とよろこびをお届けすべく、未来へ進んでまいります。

 

 

1927

大阪市東区(当時。現在の中央区)北新町にて、菓子問屋〈丹陽堂〉(1897年ごろ創業)の事業を継承(=創業)

 

1930

粟おこしの製造をスタートし、旧陸海軍・鉄道・紡績・デパートなどと取引を開始

 

1941

この頃より、国による物資統制令や戦争の影響により、休業を余儀なくされる

 

1946

〈株式会社 丹陽堂〉を設立し、営業を再開

 

1948

戦後、大阪市北区天神橋に移転

 

1950

「戎大黒おこし」の商標登録を機に、商号を〈株式会社 戎大黒本舗〉とし改組設立

 

1954

「戎大黒おこし」が第13回全国菓子大博覧会(於:京都市)で“名誉金賞牌”を受賞する

 

1964

東海道新幹線の開業・東京オリンピックの開催に合わせ、蒸し菓子の製造ラインを新設

 

1972

新社屋〈戎大黒ビル〉竣工(~2015年)

 

1980

おこしをクッキー風に薄く仕上げた創作菓子〈浪花菓風-なにわかふう-〉を発売

 

1984

「粟おこし」が第20回全国菓子大博覧会(於:東京都)にて“全菓博大賞”を受賞

 

1985

阪神タイガースとライセンス契約をむすび、オフィシャル商品の販売をスタート

 

1990

焼き菓子の製造ラインを新設

 

2010

大阪の伝統ある特産品として、戎大黒本舗の粟おこしが大阪府より“大阪産(おおさかもん)名品”に指定

 

2013

代表取締役社長に植村甚氏が就任(現職・第5代)

 

戎大黒本舗(昭和時代・戦後初期)

天神橋(昭和初期)

戎大黒本舗(昭和後期)

第19回 全国菓子大博覧会〈名誉総裁 高松宮賞〉1977年(昭和52年)

全國菓子産業博覽會〈名譽大金賞牌〉1954年(昭和29年)